造モ日記

東京マルイの造るモデルガンシリーズの製作記ブログだったんだけど、もはやバイク、造モ、プラモ、猫となんでもありのただの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全くハーレーディビッドソンって奴は…w

本日は同市内の教習所でハーレー試乗会がありましたので、行ってきたデスよ。

今年春にも同じようなイベントがあり、その時は国産四大メーカーのニューモデルもずらりと揃ってまして
ぶっちゃけ今回もハーレーよりそっちを楽しみに向かったのですが、今回はハーレーのみでした。
ビューエルすら無くハーレーディビッドソン一色。
アメリカンの見た目は好きなんですが、乗るなら絶対国産。というジャメリカン肯定派の私としてはちょいガッカリ。

とりあえず今作ってるバカタナの参考になればと色々見て乗ってきました。
一通り乗った感じ、ロードキングとかいうモデルが一番苦手でした。

これ↓はソフテイルデラックスだったと思う…ハーレーのモデル名っておぼえられんw
この写真はソフテイルデラックスです
バンクしづらい、シフトチェンジしづらい、ステップがボードで落ち着かない…という感じ。

やはり乗りやすいのはスポスタ系でしたね。
これもモデル名わからんwスポーツスター系統
ハーレーの中では結構倒しやすいんだけど、倒し込むと…というか
感覚的にはまだ「倒し始め」くらいの位置でステップを擦っちゃうのでやはり不満が残ります。

ど迫力のリアタイヤがかっこよかったナイトロッド。
このナイトロッドというモデルは見た目がど迫力でした。
後ろから見ると笑えるほどタイヤが太くてなかなかイケてました。
でもすんごい乗りづらかったw

見た目はサスが見えなくて、一見リジットフレームに見えるソフテイル系が好きなんですけどねぇ
エンジン掛けた状態で足を付くと、プライマリカバーでふくらはぎが熱いのが難点ですね。
それとノーマル状態ではどのモデルもシート幅がありすぎて、低いポジションのくせに足つきが悪いってのも頂けない。
そもそも乗りにくいのとパワーが排気量に見合ってないってのがやはり納得できませんなw
アメリカン乗るなら国産の400クラスのバルカン、DS4、スティードあたりを
ガッチガチのチョッパースタイルにした方が私好みだな、というのを再確認してまいりました。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/19(日) 14:01:56|
  2. 人様のバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょいと試乗してきました。

さてさて、さっくりとエンジンが復活した板金屋さんのXL250S。
ちょこっと乗ってみましたよ。

オフ車の車高でキックスタートって思った以上に難しいですね。
なんとかエンジンを掛ける事が出来たので発進。

すると100mくらいでエンジンストップ…
ありゃ?と思い何度もキックするもエンジン掛からず。
四苦八苦していると、社長が近づいてきて
「ごめん、コックOFFにしたまんまだった」

我ながらなんちゅー芋ぶりw

単気筒のエンジンは独特のレスポンス感覚で面白いですね。

復活した板金屋社長の愛車、ホンダXL250S
サビサビのマフラーを綺麗にして耐熱塗料で塗装したい。
持ち主の社長は何故か乗り気じゃないけどw

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/08/19(火) 00:08:07|
  2. 人様のバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一台あったんか。

板金屋社長とドライブ。
目的はバイク引き取りです。

どういう事かと言いますと、社長はバイクをもう一台所有していたらしく
そのもう一台を友人に貸していたとの事。
税金が面倒なので名義変更までして貸していたらしいんですが、今年は自賠責を払いに来ていないので
きっともう乗ってないのだろうから、返してもらって直して自分で乗ろうって事らしいです。

物はホンダのXL250Sです。
ビンテージのオフ車で、最近ちょっと人気出てるやつですね。
放置期間は一年ちょっとなのでうまくいけばエンジンが掛かって、乗って帰ってこれるかも
という事でヘルメットを持って出掛けましたが、結局エンジンは掛からず、軽トラに積んできました。

またもやデジカメを忘れて写真無しです。
使えねーぜ、俺。

GPXが6年も放置されていたにもかかわらず案外簡単にエンジン始動出来たので
社長の考えとしてはバッテリーを新品に換えて、プラグを真鍮ブラシでゴシゴシすれば掛かるだろう
くらいに思っていたらしいのですが、今回はそう簡単にいきませんでした。

工場へ持ち帰ってから、卍号とXLをロープで繋いで押し掛け(引き掛け?)等試してみましたが、全然目覚める気配無し。
とりあえず、エアクリ側、フューエルホース側からキャブクリーナをぶちこんでしばらく放置してみる事に。

タンク内は綺麗なもので、キャブまでは問題なくガソリンが回ってる模様。
きっとジェット類がガソリンカスで詰まっちゃってるんだと思います。

さて、どうなる事やら。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/08/13(水) 21:34:52|
  2. 人様のバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6年ぶりの咆吼。

ぜーったい掛かるワケがないと思ってたGPXのエンジン。
掛かっちゃいました。

今度はyoutubeにあげてみました↓


しかし、まだ問題はあります。
キャブが思い切りオーバーフローしてます。
社長は豪快というか、アバウトというか…
「近所乗り回すくらいなら、このくらいどうって事ない」
と、このまま乗る気らしいですw
でも近いうちにバラして簡易オーバーホールが必要でしょうね。

ってかキャブ掃除の練習がしたい私としてはすぐにでもバラしたいw

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/08/12(火) 18:54:47|
  2. 人様のバイク
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

GPX復活作戦その2

昨日洗浄したタンクの中身が気になって今日も板金屋さんへ。
他人のバイクですが直すのがすごく楽しいw

天日乾燥されているタンクの中を覗くとやはり錆が落ちきって居ない。
社長はこのまま表面処理する気満々らしい(錆成分を南部鉄のように黒鉄にしてしまう処理剤を使う予定らしいです)
でもやはりこのままでは処理後も残った錆がポロポロと剥がれてしまいそうな気がしたので
南部鉄処理前にサンポールでの錆落としを提案。
サンポールは錆が一気に落ちるよ、という私の説明に半信半疑ながらも
「んじゃやってみるか」
と社長。
さっそく近くのホームセンターまで卍号で買い出し。

戻って即開始。
コック穴をガムテープで塞いだタンク内にサンポールを原液のまま2本と同量の水を入れ
キャップ穴も塞いでからシェイクシェイク。
タンクを色んな角度に傾けてタンク内をまんべんなく錆取り。
しばらく放置してからガムテを剥がしてサンポール溶液を流し出し、高圧スチームで中に残っている錆をすっ飛ばしました。
錆落とし中。

あとは水を流し込んで錆破片が出なくなるまで洗浄して天日乾燥。
サンポール使用後は錆やすい状態なので、明日の昼には南部鉄処理に入らないとまずいですね。

Fフォークのオイル漏れはこんな感じ。
結構派手に漏れちょります。
とりあえずここには手を付けずにエンジン始動を最優先で行くそうですが
いずれシール類とフォークオイルの交換はしないとマズイですね。

半裸のGPX
埃はすごいものの錆はそんなでもなく、綺麗な車体です。
フレームやスイングアームなんて私のカタナよりずっと綺麗w

社長はキャブをバラさなくてもエンジンがかかる、と思っているようですが
私はそうは思いませんw
きっと分解洗浄とシール類交換、最悪フロートも駄目になってるんじゃないかなぁと予想してますw
まあ数日の間にハッキリするでしょう。


そう言えばメッシュジャケット買いました。
届いたのはもう一週間前くらいですがw

弐黒堂というブランドの不知火というモデルの黒。
ブランド名もモデル名もDQN臭が溢れかえってますね。
でも良いんです。なんかカッコイイから。
赤もあるけど派手すぎて着るのにかなり勇気が必要そうでしたのでコチラを選択。
弐黒堂 アーマーライドメッシュジャケット 不知火 ……大袈裟で恥ずかしい名前だなぁ。


ついでにグローブも買いました。
同じブランドの朱雀というモデルのグレイ。
他に黒と赤もありますが、赤は論外として、黒は甲部のマークが目立たなさすぎだったので
白でクッキリと刺繍されてるグレイを選択しました。
もう、商品名言うのが恥ずかしいレベルですねw
弐黒堂 ハードライドメッシュグローブ 朱雀 ……どういうネーミングセンスなんだよw

どちらも某バイク用品店の通販にて購入。
セール中だったので合計28,140円の所を送料込みで20,412円也。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/08/07(木) 19:47:30|
  2. 人様のバイク
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

人造人間 卍ダー

Author:人造人間 卍ダー
数年周期で銃ヲタになる私。
2MCでのHNは「塩ごはん」
愛馬はスズキGSX400S刀。

――※おことわり※――
ここに記載する調整は素人が自己責任で行っているものです。モデルガンの個体差により、私の行った調整が貴方の所持するモデルガンにそのまま通用出来るとは限りません。ここの情報を鵜呑みにして怪我する事の無いようご注意くださいまし。

造モ+模型完成品

ルパン銃
ピーメみたいなSBH
SBHFDC暫定版
コマンダー(三代目バレル死亡中)
パイソンハンター
短ル暫定版
オラガバVer.1

1/72 F-16CJタイガーミート
Ma.K. 1/20 Heinrich
HGエルガイム改・俺ガイム
S.F.3.D 1/20 Fireball
1/35 タイガーI初期生産型
1/35 4号戦車H初期型
1/35 3号突撃砲B型
1/12 カタナカスタム
1/12 750RS カスタム
1/12 DUCATI 888 superbike 1/12 PRAMAC D'antin GP4 '05
1/250 ザクレロ Ver.卍
1/12 750RS カスタム 再塗装

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。