造モ日記

東京マルイの造るモデルガンシリーズの製作記ブログだったんだけど、もはやバイク、造モ、プラモ、猫となんでもありのただの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

750RS完成。

フレームのボルト等、細かい部分を塗り分けて完成しますた。

でもホントは完成じゃないです。
アオシマにデカールを発注し、貼り付け工作を行う時のためにタンクとシートを接着してません。

アオシマ製 1/12 KAWASAKI 750RS

でもまぁこれで完成とします。
赤が浮いてしまったKAWASAKIロゴが残念ですが、良い勉強にもなりました。

やっぱり市販車は良いですね。
レーサーマシンのようにガッチガチに決まった色じゃなく、好きなように塗って遊べます。
カスタムユーザーの多いZ2やカタナならなおさらですね。

アオシマ製 1/12 KAWASAKI 750RSアオシマ製 1/12 KAWASAKI 750RS
屋外撮影してみましたが、やや逆光気味で暗くなっちゃいました。
ま、雰囲気雰囲気。

おまけの一枚。
おまけ。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/30(水) 13:57:22|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

白くはならずw

研ぎ出ししてみましたけど、やっぱ浮いたクリアレッドは消えてくれませんでした。

ていうか、昨日の夜中に気づいたんだけど、KAWASAKIロゴもサイドカバーのエンブレムも実車じゃ塗装でもシールでもないよね。
ちゃんと立体的な貼りモノだよね・・・ヒートプレスしたプラ板にでも貼り付けた上で研ぎ出し後に接着すりゃ良かった・・・。

くぅ・・・ぜってーリベンジしてやる。

そんなワケで完成手前。
ブレーキマスター本塗装してミラーつけてナンバーデカール貼れば完成。

とりあえず初アオシマバイクだったワケですが、アオシマキットはきついですねぇ。
ぬるモデラーには厳しい厳しい。

以下、自分への覚え書き。
[白くはならずw]の続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/29(火) 19:05:59|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今回は青を強く。

クランクカバーを天地逆につけてましたw
やばい、こんな事に気づいてしまうとやる気が!俺のやる気がー!

でもまぁがんがりましょう・・・orz

とりあえず、二択式のマフラーは当然のようにショート管にしました。
ぜっつーっつったらショート管でしょー。
黒のヨシムラだよねぇ

でも俺は黒くなんか塗りませんw
また焼け色で遊びました。
天地逆のクランクカバーと青く焼けたショート管。爪が銀色w
今回は強い青が出た焼け色にしました。
カラーレシピは
ベースはシルバー、その上に部分的に黒鉄色、さらに部分的に黒鉄色+黒
青焼けはクリアブルー+クリアレッド少々(10:1くらい)、茶焼けはクリアオレンジです。
リハビリの効果が出てるんでしょうか、カタナの時よりは自分のイメージに近く仕上がった感じです。

あと二日くらいで完成かな?
もっとかかるかな?アオシマだしw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/28(月) 23:35:29|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

覚悟はしてたけどね。

女子バレーワールドグランプリのロシア戦とF1放送の間にクリア掛け。

無駄だと知りつつもデカール保護のために砂吹きを5回。
その上にぬらーっとクリアを吹き付けて放置。

今回は作業の関係上二日くらい放置出来そう。

で、当然のように赤がデカールの上に浮いてきました。
ピンクの KAWASAKI ロゴw

これを研ぎ出しで出来るだけ白に近づける事にしましょう。
でもまー、無茶してデカール削っちゃうより、多少ピンクでも妥協した方がよさそうです。
ちょっとがっかりな出来になりそうですが、最後まで楽しんで行きましょう。そうしましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/28(月) 01:57:13|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここだけは!

アオシマのZ2カスタムでどうしてもここだけは手を加えたいと思っていたのがサス。

一発抜き、一体設計なのです。
これだけはどうしてもディテールアップしておきたかったのでやっちまいます。
まず、スプリング部を切り離し、不要なランナーと1.5真鍮線を使いシリンダーを作ります。
そこに被せるスプリングは0.5真鍮線をライターであぶった上でランナーに巻き付けて自作。
塗装後に全てを繋げば完成です。
自作バネでディテールアップしたサス(左)とノーマル部品(右)

どうしても気になっていたのはここだけなので(さすがぬるモデラー)あとは研ぎ出し時に注意するくらいですかね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/27(日) 00:22:01|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タミヤって偉大だよなぁ。

小さい部品の塗装もちょこちょこ進めてちょっと組んでみました。
ワタクシにとって初のアオシマキットですが、タミヤの設計力、成型技術の高さを確認する良い機会となった気がします。
ああ、タミヤのもん作りてぇw

後輪ユニットを仮に組んでみた状態。

未塗装のサスが粋でいなせですw
フロントフォークを適当に立てかけて撮影したんですが、こうやって写真で見ると
どうにも気持ち悪い位置に置いてありますねw

ブレーキディスクは鮮やかなブルーで塗ってみました。
ボディの塗装法と同じく、シルバーの上にクリアブルーです。

ていうか、タンク、テールカウルは前回記事から3回塗り直してますw
キャンディレッドを一度諦め、黒地にインディブルーで火の玉パターンを入れてみたんですが
カタナの横に飾った時に黒系2台というのがつまらなそうに思えてシンナー風呂へ。
次に紺色のタイガーラインにしようかと塗装した所、自分で調色した紺色の塗装時発色がイマイチ気に入らなかったのでまたもやシンナー風呂へ
そして全てを諦めてまたキャンディレッド一色へ、で落ち着きました。
今回は負けた気がしますねw

Z2はきっとこれからも何度か作る事になるでしょうから、タンクやテールの模様で遊ぶのはその時のリベンジテーマになりそうです。

オマケ
リアサスを抜いてローライダーZ2にw
リアサスを抜いてアメリカンローライダーな雰囲気のZ2。
実車をこんなカスタムするのは勿体なさ過ぎだけど、プラモでなら一度くらいこういうの作ってみても面白そう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/26(土) 20:50:30|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成功の後の大失敗。

キャンディレッド一色で仕上げるのはあまりにつまらない。
しかしマスキングで火の玉模様を入れるのは難しそう。多分俺には無理w
んじゃタイガーラインにしよう、という事で決定。
タイガーラインのカラーリングはZ2の模型では珍しいし、メタリックなキャンディレッドにマッチしそう。

方法はマスキングテープで一本ずつマスキングして塗装していく手順。
手間を考えればやたら時間がかかるけど、太細合わせて12本もあるラインを、バランスを崩さず一気に入れる自信がなかったのです。

結果、成功。
なかなか格好良いタンクとテールカウルが出来ました。
ロボ模型だったらここでもう完了なんですが、光沢の欲しいバイクなので、この後クリア吹きが待ってるワケです。

ここで注意しなければならない点として
クリアレッドの上に大量の塗料を吹き付けると、クリアレッドが浮いてくる性質があるんです。

充分注意して砂吹きを10回ほど繰り返した上でベタ吹きしたんですが・・・
それでも駄目でした。
銀のラインはピンクに変わっちゃいましたw

はぁ・・・またやり直しかぁ・・・。
クリアレッドが浮いてきて、シルバーのラインがピンクっぽくなってしまったw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/24(木) 20:43:03|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卍心と秋の空。

鬼の様に早い心変わりでマルーン塗装は取りやめw

マルーンの塗装が済んで、デカールを貼った所見事に失敗w
だいたい、あんなアールのキツイ曲面にあんなでかいデカール貼れってのが間違いだ是(自分の下手さを棚に上げる俺様)
そんなワケで火の玉塗装の資料を集めにヤフオクへ。
バイクパーツのカワサキ用タンクカテゴリを見ていると、イエローボールで塗られたタンクやタイガーラインのタンクなど
ノーマルとちょっと違って目を引くタンクがいっぱい・・・
こんなもんを見てるとノーマルカラーリングで塗装するのが嫌になる単純なワタクシ。

「キャンディレッドのZ2ってかっこよさそう」

旧車を派手な色にするとあっと言う間に族車っぽくなっちゃう危険性があるので慎重に塗装プランを練り直す・・・
なんて事をワタクシがするワケがない。
心おもむくままにスーパーシルバーで塗装。その上からクリアレッドを被せる。
20分後にはすでにキャンディレッドの外装パーツ群が出来上がりましたとさw
製作前からマルーンと決めてたのにあっさり変更。

何やってんだろ、俺w

で、ちょっと仮組みしてみると、なにやらシートの据わりが悪い。
シートの据わりが悪い感じ。
シートパーツ裏にある接着のためのゲタがちょっと高いようです。
本接着の前に調整しておかなきゃ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/24(木) 06:10:55|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男のカワサキ。

迷った末にアオシマ製のバイクを作り始めました。

モノはNaked Bike シリーズNo.6『カワサキ 750RS 改』です。
ZIIです、ぜっつー。【以下、機種依存文字避けのためにII(アルファベットのアイ二つ)と表記するのが面倒なのでZ2とします】
未だに超人気車種で、性能的には現在の125ccクラスに負けるようなバイクのクセに100万円以上で売られたりしてますね。
ヤンキーマンガの劇中でも絶大な人気があり、現在のマシンにも引けを取らない夢性能マシンに描かれる事が多いですw
読んだ事ないけど、GTOの鬼塚先生もコレに乗ってるらしいですね。

「あいつとララバイ」がきっかけでZ2好きになったワタクシにとってはノーマルZ2ではなく、カスタマイズされたZ2が憧れの原点ですので、集合マフラー、リアサス、スイングアーム、ホイール、ハンドル、フロントフェンダー、オイルクーラー、前後ブレーキディスク、あんこ抜きされたシート等々・・
とカスタムされた内容のキットを選んだのですが・・・
箱開けてちょっとがっかりしましたけどねw
ていうか、Z2のキットってアオシマしか出してないんだよねぇ。

基本設計が古いキットで、しかも今回のキットはプラの質が悪い。
平面や緩やかな曲面が1.5cm四方以上あるパーツは大抵ヒケがあります。しかもど派手なw
単純な二枚貼り合わせのタンクパーツがキッチリ合わないという、もうどうなのよ、これ。
でもまー海外キットに比べりゃーたいした事ないです。ガッツでなんとかなります。OK牧場。
と、自分を励ましつついきましょう。

しかしヒケ処理や、合わせ目処理と言うより隙間埋めと言った方が早いような接着面処理でストレスがたまってくると
整形色にすら文句を言いたい心境になります。
やたら透けるMr.カラークリアレッドの蓋の色みたいな成形色のプラはやめてほしい。
ホントにクリアパーツのような硬さで下手したら割れそうで怖いし、何より削りカスがピンクのチョークみたいで気持ち悪い。

でも憧れのぜっつーをカタナの横に飾るためです。
がんがっていきましょう。

まず外装パーツ。
まず外装パーツのヒケ消し~表面処理までを終わらせました。

表面処理が終わったパーツなんてものを見ていると塗りたくなるのが人の常ってヤツです。
今回はマルーン調で行きます。これは製作前から決めていたのでカタナに比べて塗装までがやたら早いですw
どうせ近所の模型店ではMr.カラーのマルーンが常備されてないので、自分で調色。
原色赤と原色黄と原色黒(もちろんすべて艶有り)をテキトーに混ぜてマルーンぽい色を作って早速塗装。
基本塗装完了。
クリアも重ね吹きしてデカール貼りを待ってる状態ですが・・・

そのまま貼るのも「うーん・・・」なデカールなので迷い中。


つーか、今日長いな、文章w

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/23(水) 01:09:49|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

カタナカスタム完成。

タミヤ 1/12 SUZUKI GSX1100S カタナ カスタムチューン完成っす。

10年ぶりのバイクでやや不安がありましたが、楽しかったです。
やっぱり研ぎ出しは緊張しますねぇ。
デカール削っちゃったらどうしよう、角がハゲちゃったらどうしようとビクビクもんでしたが
自分にしては良い艶が出せたのでオッケーです。

集合管とアッパーカウルの合わせがやや悪いくらいで、他はこれといった欠点の無い良いキットですね。
アッパーカウルはプラパテで修正可能なレベル。集合管はちょっと酷かったのでポリパテで修正しました。
また何年か経ったら再度チャレンジしてみたいキットです。

タミヤ 1/12 カタナカスタムチューン 完成 タミヤ 1/12 カタナカスタムチューン 完成

今回は調子にのって屋外撮影もしてみました。
お外で撮影。
太陽光で撮ると写り込みが一層映えますねぇ・・うーんがんがって磨いた甲斐がありました。

実はこのカタナと一緒にアオシマのZIIカスタムも買ったんですよ、横に並べたくてw
早速そのZIIを作るか、他のジャンルを作るかちょっと迷い中です。

え?ガンダム?
ああ、また箱ん中にしまっちゃいましたw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/21(月) 14:31:08|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

あと一息。

気づけば食い物が米しか無くなっていたので、食材を買いに出掛けました。
ついでに模型屋に寄って塗料を仕入れます。
スーパークリア、スーパーシルバー、シルバー、クリアオレンジを購入。
レジへ持っていくと、おばちゃんが
「あれ入ったよ、しゅびぃ?ワーゲンだったっけ?」

ああ・・・そう言えば前に「シュビムワーゲン無い?サンゴーの」って言ったな、俺。
わざわざ仕入れてくれたのか・・・
という事で購入。
また在庫が増えてもた。

そして帰りにガス欠w
原チャリを押しながら歩く歩道の暑い事暑い事。

そしてカタナくんはウインカーが付きました。
ウインカーも付いて、市販車らしくなって参りますた。
サイドカバーの最終クリア掛けと研ぎ出しが終わってませんが、ほぼ完成みたいなもんですね、もう。
オイルクーラーとウインカー内部はスーパーシルバーで塗ってみました。
良い色ですね、コレ。初めて使った。
後々アッパーカウルを取り外してまた磨いたりするかもしれないので、オイルクーラーは接着せず
両面テープで留めてあります。


こうして見ると風防無しもスパルタンでかっこいいなぁ・・・。

暑くて目が覚めてしまったので(現在AM3:00)
ついでに写真追加しときます。
もうちょいで完成。
もうちょっとだ、がんがれ、俺。

でも今日は寝ます、おやすみなさい。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/19(土) 19:50:17|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああっ!

まだサイドカバーにデカール貼ってないのに最終コート並にクリアを吹き付けてしまったw

やり直しだ・・・

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/18(金) 22:25:43|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクのカタチになってきた。

前後のタイヤを付けました。
前後のタイヤがついてバイクっぽくなってきたー。
ホイールは赤です。モンザレッド使用。ふた昔前のヤマハのレーサーマシンみたいですねw
一度純正色で塗ってみたんですが、どうにも面白みに欠けるんですよね。
参考にした実車はクロムメッキしてあったので派手派手で面白かったんですが、アルクラッドIIとか高杉だし
すぐ色褪せるって聞くしつかわなーい、という私にはメッキ調を塗装で再現するのは無理。
そこで思いついたのが、ちょっと時代錯誤な不良っぽさ。
赤い靴下を履いてるような昔の不良をイメージして塗ってみました。
良い感じです。
でもこうなるとフレームも半艶の黒で塗れば良かったなーとか思っちゃいますね。
フロントフォークはクレオスのシルバー+白で作ったフラットアルミっぽい色とタミヤエナメルのクロムシルバーで塗り分けたんですが・・・
全然わかんねぇw
エナメル嫌いなのに光沢のためにあえて使ったっつーのにw

オイルクーラーとスタンドは仮付けで、どちらもまだ未塗装です。
最終的にはセンターではなく、サイドスタンドで立たせます。

風防をどうしようか迷ってます。
キットのものはクリアパーツで一発抜きなんですが、それをそのまま使うのはちょっと寂しい出来な気がします。
なんか偏光のマジョーラ色みたいなカスタムパーツをどこかで見たので、それをイメージしてでっち上げても良いかなーなんてね。
どうせサイドカバーの研ぎ出しがまだだし、クリア乾燥待ちのついでにやっても良いかなーと。

ていうか、なんで研ぎ出しが必要なパーツを全部一気に仕上げてしまわないのだ、俺はw


どうでも良いですが、モニタ裏に未由助が寝てます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/18(金) 07:36:14|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

朝から研ぎ出し。

おはようございます。現在、午前10時です。
朝8時半からタンクの研ぎ出ししてましたw

研ぎ出し前。
研ぎ出し前の写真です。
まだ写り込みがぼやーっとしてますね。
この写真じゃわかりづらいですが、デカール周りに明かに段差があります。
これに2000番のペーパーを掛けて表面を均します。
今回使用したのは3M製のラッピングフィルムシート#2000です。
普通の耐水ペーパーよりずっと薄いので指先の感覚が部品表面の状態を感じ取りやすく
作業がしやすいです。
で、デカール周りの段差、全体の細かな凹凸が消えたら磨き込みます。
コンパウンドはタミヤの細目(青キャップ)とプラスティック用の磨き布を使用しました。
この布、北陽社ってとこの製品だったかな?ぶっちゃけコンパウンドいらないくらいのすぐれものですね、これ。
2枚入りで600円だったと思う・・・(随分前に買ったものだから忘れたw)
で、磨き込んだ後の写真がこちら↓
研ぎ出し後。
蛍光灯の写り込みがシャープになりましたね。
壁に掛けているスーツとワタクシの手もばっちり写り込んでいます。


はぁ・・・失敗しなくて良かったw

アッパーカウル、サイドカバーもこの調子でいきたいなー(祈

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/16(水) 10:06:45|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

艶は難しいね。

中村あゆみ、顔いじりすぎ。

はいこんにちは、卍です。
カタナくんをそろそろ黒くしていきましょう。
グロス塗装はホント苦手です。

まず下地はタミヤのサフにしときました。
余談ですが、うちには何故かクレオスの500サフ缶が未開封で四つもあります。
なんのためにこんなに買ったのか全然覚えてませんw
昨日塗ったシート部の下地はこの500サフでざざーっと吹いてざらついた感じにしてありあます。
余談終わり。

サフを吹いた後に1500番のペーパーで磨いてから黒を塗装。
シンナーはレベリング薄め液を使用。
その上にスーパークリアを重ねてタンクにデカールを貼り、一晩寝かせておきました。

このデカール、赤文字の下地の白がはみ出てるじゃないですか。
駄目じゃない!タミヤさん!シルバーだったら目立たないだろうけど、こちとら黒く塗っちゃってるってーのに!
ま、本来黒カタナならSUZUKIロゴの色はオレンジなんですけどね。

そして今日再びスーパークリアを吹き付けました。
普通に吹いちゃったらデカールが溶けたり裂けたりしてアウトなので、砂吹きで行きます。
砂吹きというのは、部品とハンドピースの距離を長めにとり、部品に塗料が付着する時には
すでにシンナーが半分くらい揮発しちゃってる状態にする技法です。
デカールが溶けたり裂けたりする原因はシンナーをデカールが吸い、吸い過ぎると溶けてしまい
溶けるほどではないけど結構吸ってる場合はシンナーが乾く時に塗料の収縮率とデカールの収縮率が違う事によって起こります。
これを避けるために、砂吹きを行い、シンナーの少ない状態の塗料でデカールをコートするのです。
その後につや出しのための吹き付けに入ります。
で、こんな感じです。
黒くなったタンクとアッパーカウル。
丸一日ほど放置してから、最終ペーパー掛けと磨き込みに入ります。
この最終ペーパー掛けが一番怖い作業です。
ちょっとやりすぎるとデカールが削れてしまったり、角の塗料が削れてしまったりと
ものすごく神経を使います。

正直、大っ嫌いな作業ですw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/15(火) 20:35:27|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛歩の如く。

歌丸さん、お誕生日おめでとうございます。

そんなワケで、カタナの完成イメージが固まって参りました。
実は何色に塗ろうか決めてなかったんです。
無難にシルバーかなーと思ってたんですが、基本的すぎるなーと。
赤銀や青銀のツートンもなかなか格好良いんですが、今回は黒カタナで行こうと決意しますた。

黒で艶出しですか・・無茶するねぇ>俺

研ぎ出しに失敗してデカールを無駄にする事の無いように天に祈るばかりです。

今日は停電のニュースなんかをちょこちょこ見ながらのんびりと作業しまして
フレーム、シートカウル、シート、リアフェンダー、テールランプを塗装。
シートは黒、タンデムシートは基本色と一緒のグレイにしときました。
とあるバイク屋さんのHPで見たカラーリングの真似っこです。
だってちょーかっこよかったんだもん。
だんだん塗装が進んできたぞーぃ。
フェンダーは短く切ってます。横から見るとフェンダーレスに見えるくらいカットしてやろうかとも思ったんですが
ナンバープレートステイと同じくらいの長さで止めときました。
250や400のカタナには似合うけど、1100はやっぱちょびっとでもフェンダーあった方が風格がある気がしたので。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/14(月) 22:06:49|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼け色。

マフラーの塗装をしましょう。
インストでは半艶の黒指定ですが、派手さに欠けます。

ここはひとつ、焼け色表現で10年ぶりのバイクにも関わらず無茶しましょう。

まず下準備。
基本は当然銀で塗装し、「ここは焼けるだろうなー」と思える部分に金色を薄く吹き付けておきます。
ここからはクリアカラーでの勝負です。
まずイエロー。金を吹いた所を中心に薄く吹き付けます。ちょっと広範囲気味に。
お次はオレンジ。イエローが吹き付けられている部分の中央あたりに集中して吹き付けます。
仕上げにブルー。イエロー掛かった部分とシルバー丸出しの境目あたりを狙って薄く自然に。

とまぁ、自分なりのノウハウを記憶してはいるんですが、なんせ10年ぶり。
腕が鈍りまくってますので、イメージびったしには仕上がりませんでした。

まあ良いでしょう。どうせ自分の部屋に飾るだけなんですからw
派手派手焼け色塗装を施したマフラー。
でもまぁ、これで目を引くポイントみたいなものが出来た希ガス。
順調順調(と自分に言い聞かせる。これ大事。)

しかし一番の不安はタンク、サイドカバー、アッパーカウルにピカピカの艶表現を施す事が出来るのかという事w
昔作ってた時も研ぎ出しは大の苦手だったからなぁ・・・。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/14(月) 08:57:08|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さーて、来週のサザエさんはー

マスヲです。
いやぁ、厳しい暑さが続きますね。
うちのタマは涼しい所を知っているようで、風呂場で涼しい顔で寝ています。
夕方になると未組み立てプラモデルの箱をベッド代わりにするのはやめて欲しいんですけどね。

さーて、来週の造モ日記は
卍、久しぶりに汚さない。
卍、10年ぶりのバイク。
卍、研ぎ出しテクを忘れてる。
の三本です。

1/12 カタナ製作開始。
シート、タンク、フレームはもちろんまだ未塗装、仮組み状態です。

以下覚え書き。
キャブ色=シルバー+黒+黒鉄色
クランクカバー=上記+ゴールド

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/12(土) 23:58:10|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一応完成?

とりあえず完成・・・かな?
一応横に添える予定のフィギュアがあるので、それの塗装が済めば、本格完成になります。
その時に砲身周りやフェンダーの汚れなんかを追加するかとは思いますが
一応カタチになったよ、って事で写真あげときます。
暫定的完成。

今回のマーキングは第192突撃砲大隊第3中隊3号車、1941年6月ポーランド戦線時の再現です。
なぜこのマーキングにしたかというと、資料にした一枚の実車写真がちょうどこの車両だったのです。

履帯のパステル汚しは結構抑え気味(ワタクシにしては)にしときました。
だってせっかく可動だしね。パステルぎとぎとで動きが固くなったら勿体ないなーと。

つーか、サスが可動してる写真も撮っておけばよかったな・・・
昼に写真撮って追加するかも。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/12(土) 04:06:34|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちまちまちまちま。

基本塗装と車外装備品の塗り分けが終わりますた。
二回目のハイライトを吹き付けて、基本塗装完了。

残るは履帯の組み上げと汚しです。

カステンの履帯は造形がすばらしいです。
しかも可動式は、サス可動式のタミヤ3突Bにとって最高です。

だがしーーかし!めんどくさいのです。

ま、今知ったワケじゃないですけどねw
中爪(センターガイド)が2枚のタイガーI用に比べて部品総数は200個近く少ないんですが
物が細かいので、なかなか進みません。とほほ。
とりあえずやっとこ片方組み上がりました。
片方組み上がった履帯。

今週中には絶対完成させるぞー。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/10(木) 19:34:03|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色塗りはじめー。

切れてたつや消し黒を買ってきました。
ついでにドイツ戦車兵小休止セットも買ってきました。
タミヤのフィギュアセット。
左端のポケットに手を突っ込んで帽子を目深に被ったヤツが気に入っちゃって即買いです。
デコパのベースでも作って格好良く配置したい。
3号突撃砲というのは、分類的には戦車ではないので運用してるのが戦車部隊ではなく砲兵部隊なんですね。
だから実際はこのフィギュアを添えるのは考証的におかしいのかもしれません。
でもまーテキトーなワタクシの部屋に飾るのですから、格好良ければ良いのです。

つや消し黒を手に入れたので早速車体を塗りました。
今回は青すぎるクレオスのジャーマングレイをなんとか好みの色に調色して使いました。
タイガーIでタミヤのラッカースプレーに騙されたからね・・・

そろそろ見納めのインテリア。
このインテリアもそろそろ見納めですね。


今回はクレオスのジャーマングレイを基本に調色。
まず黒を下塗りし、その次にクレオスジャーマングレイ。
三層目にジャーマングレイ+RLM66ブラックグレイ+白少々で作った今回の基本色を塗装し
第一ハイライトとして基本色にニュートラルグレイを足した色を吹き付けました。
今日はここで終了。
明日、ニュートラルグレイ味を強めにした第二ハイライトを吹き付けます。

そろそろカステン履帯に手ぇ付けなきゃな・・・。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/09(水) 01:39:14|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三脚効果。

へなちょこなデジカメの性能をちょっとでもカバーすべく
数日前に三脚を買いました。
980円のミニサイズですがw

8/4、8/6の記事に使ってる写真は三脚を使って撮った写真です。
これまでのなんだかぼやけた感じからちょっとシャープな写りになってますよね?
なってるよね?ね?俺の思いこみじゃないよね?w

しょぼいフラッシュを使わずに撮影してもぶれずに撮れるのでなにかと便利です。

特に白っぽいものを撮る時は悩みのタネでしたからねぇ・・
ってなワケでとりあえず三脚効果を実感するために俺ガイムを撮ってみよう!

980円三脚効果。

苦労して自作した腹もディテールがクッキリ写っててなかなかよろしい。

で、三突はサフ吹きしときました。
つや消し黒が切れてたので塗装は出来ず。
ま、先にカステン組んでからかな。
サフ吹き状態

牽引ワイヤーは本物のワイヤー使用だよぅ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/07(月) 17:57:24|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本体完成間近。

妥協の精神を必要以上にわきまえた大人モデラー、卍です。
こんばんは。

エッチングもうイヤ!
というワケで超妥協し、OVM金具のエッチング再現等に手をつけぬままに本体を完了とさせちゃいます。
ていうかね、あんな細かい金具を組める人たちはすごいです。
ワタクシにはかなり無理めです。一つのキットを放置せずに数ヶ月の製作期間を費やせる方はホントすごいです。
尊敬します。
俺にゃ無理ですw
気分ノリノリで作ってる時って多少の困難はなんでもなく、ガンガン組めるんですが
度を超えると「完成が遅くなるのはイヤだ!」という気持ちが強く働いてしまい、作業の簡略化を探し始める俺です。
だから何年経っても上手くなれないw
わかっちゃいるんですが、良いんです。今回のテーマ「ベコベコ泥よけ再現」と「ある程度のディテールアップ」は果たせたのですから
と自己弁護。

ライトの配線はまたまた0.5mm真鍮線。
配線はまたまた0.5mm真鍮線です。
4号Hのような単純な曲線なら良いんですが、今回のような何回も曲がってる配線を真鍮線で再現するのはキツイ・・
エナメル線買っておかなきゃ駄目ですなw

ライトのエッチングはあえて純正品を使用してみた。
ライトカバーのエッチングはあえてキット純正のものを使用してみました。
できばえは社外製の方が良いに決まってるんですが、せっかく(設計が悪いとしても)タミヤが付けたものなので
使ってあげたくなっちゃったんです。
でもやっぱ蝶番部なんかは酷い出来ですねw
蝶番部だけはボイジャー製から移植するかも。

それが終わったらまた地獄(カステン履帯)突入かな
がんがれ、俺よ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/06(日) 23:55:12|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜の朝の思いつき。

この時期、作業中にプラ用接着剤の蓋を開けっ放しにしておくと溶剤分がどんどん揮発して
やたら粘度が高くなって使いづらい接着剤になってしまいますね。
ものぐさのワタクシは何度もそれを経験してますが、作業中に蓋を開けっ放しにしない
という事がすごく面倒で、直すつもりも無いので大きいサイズ(タミヤ白蓋)は買いません。
いつもオレンジ蓋の小さいサイズです。
それでも半分近くは捨てる事になる場合が多いです。

ここで瓶まで捨ててしまっては勿体ないです。
このオレンジ蓋の小さい瓶と蓋は使い道があります。

タミヤの流し込み接着剤(緑蓋)が減ってくると、蓋に付いてるハケが接着剤にしっかり浸らなくなってきませんか?
なりますねぇ。モデラーズの接着剤はハケが無いから買わない派のワタクシ。
言い換えれば蓋にハケがついてて便利だからタミヤ緑蓋を使う派のワタクシとしてはこれが非常に不満です。
そこで、不要になったオレンジ瓶に移し替えるのです、中身とハケを。
ハケ先の太さは違えど、軸になってるパイプの径は一緒ですのでオレンジ蓋に使えます。
※蓋は全く違うサイズなので使えません。
軸の長さは様子を見て切り詰める必要があります。
当然ですが、移し替える瓶はラッカーシンナー(非プラ用)等で洗浄しておきましょうね。

secchakuzai1.jpgsecchakuzai2.jpg

これで解決です。
さっき思いついて、早速やってみました。

私は間違わないように「流」とラベルと蓋に書いておきました。
  1. 2006/08/05(土) 08:28:04|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

どうせ見えなくなるのにさ。

エッチングでフェンダーや各ハッチの蝶番を組み、申し訳程度とはいえ内部もあるので
4号戦車のように一週間で完成と言うワケにはいきませんね。
苦手なエッチング作業の後には、超めんどいカステン履帯も待っているっっっ 苦

戦闘室は接着してしまうので、内部の塗り分けはほどほどに。
完成後にはハッチから僅かに覗ける程度になってしまいます。
つくづくモデラーってMだよなぁ・・・。

と言うワケで塗り分け記念写真。
今しか見れないしねw

完成後には見えないよー

パーティングラインもなんのそのw
つや消し白指定の部分はただの白じゃ色気無いので、レッドブラウンをほんのちょっとだけ混ぜてあります。
写真で見るとピンクっぽいね。いかがわしい戦車だw
塗り分けは大雑把。バルクヘッドに突っ込んである手榴弾の柄はレッドブラウンにジャーマングレイで木目っぽい表情を入れてますが・・・
意味ないよね。完成後には光が届かないから、色なんか良くわからんようになるしw
スコープはシルバーであるべき部分もあるんだけど、面倒なので黒にジャーマングレイでグラデの一気塗り。
ハンドル部に至ってはグンゼの#500サフそのままといういい加減さw
ついでにパーティングラインも消してねぇw(写真撮ってから気づいたw)
でも良いんです。見えない部分はテッテー的に手抜き、が信条のワタクシにしたらがんばってる方です。
ウォッシングはジャーマングレイ。ドライブラシやチッピングはやってません。
砲身周りが下塗りの黒そのままになってますが、外側は各種ディテールアップと組み立てが終わってから一気に塗ります。

ここまで組んでみて思った事は「やっぱ世間の評判は本当だ」って事です。
このキット、タミヤ製にしては組んでる時に味わえる気持ちよさが極端に少ないです。
全部とは言いませんが、各パーツの合いが悪く、タミヤスタンダード最大の魅力たる、「カチッ!バシッ!ピタッ!」という気持ちよさが無く
なんとか合わせて接着剤が乾くまで手で押さえておかなきゃいけなかったり、はめ込んでから流し込みセメントを流した所で部品がずれたりと
小さなトラブルが多くて、タミヤ品質とはほど遠い出来です。まるで海外キットの様。

これあと何日で完成かなぁ・・。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/04(金) 17:03:28|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

主婦かよ。

やぼ用で郵便局へ出掛け、そのついでに無糖のアイスコーヒーを買いにスーパーに寄りました。
すると総菜コーナーになにやら人だかりが・・・
近づいてみるとどうやら詰め放題の日らしい。
総菜(主にフライもの)と味付け済生肉の詰め放題でした。
おお、そいえば最近肉焼いてねーな。と思い、いっちょワタクシも主婦に混じって参加する事に。

私は牛より豚の方が好きです。
ここで誤解されやすいのですが、安いからと言うワケではありませんよ、断じて。

で、周りの主婦ご一行様に見習ってぎゅーぎゅーと詰めるだけ詰めて山になったパックを無理矢理閉め
1リットル99円の激安アイスコーヒー二本と一緒にレジへ。

いやー得したなーと、家に帰ってからはかりに乗せてみると865グラムw
これで580円ですよ。
いやー安い安い。
今日は焼肉丼だー!わーい。

ネギ塩味付け牛肉865グラムで580円!

あれ?牛肉ばっかじゃねーかよw

だって、豚肉はいつでも比較的安く買えるしさぁ(言い訳


そんなワケで前後フェンダーを組みました。
エッチングパーツでフェンダーを組んだとこです。

このフェンダーの蝶番部は実際に可動します。
まぁ、エッチングを折り曲げたものを組み合わせて、真鍮線を通しているだけなので
実際に何度も可動させていればぶっ壊れてしまうのは必至なんですがね。

さてさて、このブログを読んでらっしゃる方々の中にエッチングのエキスパートさんはいらっしゃいますか?
いらっしゃいましたら、こういった蝶番パーツの楽な組み方を教えてくださいw

私のやり方は・・・
まず、作業マットに、軸にするものと同じ太さの真鍮線を貼り付けます。
ガイドにする真鍮線をマットに貼り付けて・・

その真鍮線の下にエッチングパーツを通し、曲げたい部分を真鍮線の真下に合わせます。
で、そのまま真鍮線をガイドにし、曲げて行くワケです。
それに沿って曲げていきます。

これが私の取ってる方法なんですが、もっと楽な方法って無いですかね?
どなたか「そんなめんどい方法でやってんの?こうこうこうすりゃ楽だぜー」
って方法がありましたら、是非お教えください。

ところでこのエッチングパーツ、通販で買ったんですが、その店が結構すごい。
AFV用のエッチングや海外AFVキットの在庫がむちゃくちゃ豊富。
しかもエッチングのみだったら、メール便で送ってくれるから送料が激安!
しかも後払いシステム!(これは毎回かどうかわからないけど)
代引きじゃないですよ?郵便局口座への振り込みでですよ?
普通あり得ないよね。
こんな店が近くにあったらいいのになーーーって思って、とあるネットのお友達に言ったら・・
「あ、その住所、近所だよ。ていうか、歩いていけるw」との事。

この記事を書いてる途中に証拠を見ろとばかりに店の写メが送られてきました。
ヤツは今あのお店の中で溢れかえるAFVキット、パーツに囲まれてるんだなぁ・・・
羨ましい・・・・

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/03(木) 18:16:11|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

笑い死ぬw

wikiで「八百長」を検索したら・・・

笑い死ぬw

多分すぐ文削除されちゃうだろうから、記念にキャプチャを保存w

案の定、これを書いた数分後には消されてたw


昨日、試合が終わってすぐに書いた記事と立て続けに二つもこのブログの本分から外れる記事が並んでるのもなんなので
一個にまとめときます。

続きは昨日の記事のセルフコピペ
[笑い死ぬw]の続きを読む

テーマ:バカニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/08/03(木) 09:01:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パーツ到着。

思ったより早くパーツが届きました。

ボイジャー製タミヤ3突B用エッチングパーツ。
中国のボイジャー製です。まだ開けてません。
アベール製等よりオレンジがかった金色ですね。
なかなかに柔らかそうな真鍮色です。
見てるだけでニヤニヤしてしまいますw

腕から言っても必要性から言っても全パーツを組み込むつもりは無いので
元パーツと比べながら、使用するパーツを決めていきましょう。

とは言え、作業がまだ追いついてない状態なので相変わらずのんびりのんびり。

本体はこんな感じです。
内部にサフを吹いた状態。

一応キットで再現されているインテリアは塗装しますが、メーカー推奨(というか説明書記述の)戦闘室上蓋非接着仕様にはせず
開いたハッチから覗くと中がそれらしく見える、という仕様で考えてます。
※ガバっと外して「ほれ、見ろ見ろー内部も完全再現だぞー、どうだー!」
って言えるほどの再現度じゃないし、自作して精密に仕上げる自信もないのでw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/02(水) 18:52:11|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思わぬ伏兵現る。

鬼武者3 PC版にハマりましたw
ズババババッサリ感
さいこーw

3突時間かかりそーw
  1. 2006/08/01(火) 19:08:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

III突始動。

タミヤ3突B、組み始めました。
今回こそはのんびりです。
使いたい部品がまだ届いてないのでw
一つの模型にあまりお金を掛けるのは好きじゃないんですが
今回はシャープな、かつ変形した泥よけで作りたいので、サドパのエッチングパーツを使いたいのですが
それがまだ届いてないワケです。
ドイツ戦車の中で一番好きな車両なので、これくらいの贅沢は良いでしょう。

ていうか、厳密には戦車じゃないんだけどね、これw

のんびりのんびりでこんな感じです。
のんびりスタートな3突。

シャーシにサスを組み込み、後方のパネルとグリルを組み込んだだけ。
転輪のペーパー掛けもテレビを見ながらのんびりのんびりです。

話は変わりますが
虎くんが私のリクエスト絵を描いてくれました。
ありがとう!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/01(火) 00:46:01|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

人造人間 卍ダー

Author:人造人間 卍ダー
数年周期で銃ヲタになる私。
2MCでのHNは「塩ごはん」
愛馬はスズキGSX400S刀。

――※おことわり※――
ここに記載する調整は素人が自己責任で行っているものです。モデルガンの個体差により、私の行った調整が貴方の所持するモデルガンにそのまま通用出来るとは限りません。ここの情報を鵜呑みにして怪我する事の無いようご注意くださいまし。

造モ+模型完成品

ルパン銃
ピーメみたいなSBH
SBHFDC暫定版
コマンダー(三代目バレル死亡中)
パイソンハンター
短ル暫定版
オラガバVer.1

1/72 F-16CJタイガーミート
Ma.K. 1/20 Heinrich
HGエルガイム改・俺ガイム
S.F.3.D 1/20 Fireball
1/35 タイガーI初期生産型
1/35 4号戦車H初期型
1/35 3号突撃砲B型
1/12 カタナカスタム
1/12 750RS カスタム
1/12 DUCATI 888 superbike 1/12 PRAMAC D'antin GP4 '05
1/250 ザクレロ Ver.卍
1/12 750RS カスタム 再塗装

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。