造モ日記

東京マルイの造るモデルガンシリーズの製作記ブログだったんだけど、もはやバイク、造モ、プラモ、猫となんでもありのただの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だからダイソーは素敵。

昨日の記事の写真撮影用にダイソー白紙を買いに行ったんですが
その時に見つけたのがコレ
コンセントカバー

モデラー脳をお持ちの方ならすでにピーンと来てると思いますが
こう使う予定です↓
デコパージュ代わりにw

105円でブナ材の段付き楕円デコパ(ニス仕上げ済)を買えるなんて
なんて良い時代なんだ
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/28(木) 21:05:06|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

デスモセディッチ完成。

すっかりオートバイプラモにハマりました。
デカールの多さと研ぎ出し面積の大きさからレーサーマシンは敬遠してたんですよね。
それよりはネイキッドやハーフカウルの似合う市販車が良い、と思いこんでましたが
ドゥカ888のスーパーバイク仕様を組んで、飾ってみると市販車とは一線を画す存在感。
苦労して磨き上げるだけの価値があるフルカウルの美しさ。
スポンサーマーキングの賑やかさはそのまま情報量の激増に繋がり、流線的なカウルに華を添えてくれます。
そしてなにより保安部品の無いお手軽さww
いや、決して手軽じゃないんですがねw
MotoGPは今年も日テレ深夜の放送でよく見てましたが、そんなに車種に詳しくない事が幸い(?)し
とことんまで手を入れたい!という気にならない今のスタンスが気に入ってますw
基本は素組みで、ちょこっとした追加工作で満足出来るヌルモデラーですが
色んな素材を表現するために様々な塗装テクを一台に盛り込めるのもバイク模型の魅力ですね。
シルバーに若干マットの白を混色してアルミの表現や、シルバー地の上にクリアカラーで着色するオーリンズサスカラー、マフラー
ストッキングマスキングでカーボン表現と、それらを包み込むカウルは自分のスキルの限界に挑むようなグロス仕上げ。

スキルの限界が低いのがワタクシの問題なんですがね・・・
まあ、それはそれとしてw

てなワケでD'antin DESMOSEDICI '05 完成です。
実車に関する知識はまるでありません。
2005年にダンティーンプラマックチームが使ったドゥカティのデスモセディチGP4
ライダーはロベルトロルフォ。成績はぱっとしなかったようですが、このポップなマーキングにくらっと来ました。
D’antin PRAMAC DUCATI GP4 ’05D’antin PRAMAC DUCATI GP4 ’05
ハイビスカスモチーフの華やかさがカッコイイ!その分デカールを貼るのもめんどっちかったですがw
ロッシやヘイデンといった上位を争うライダー達のマシンが人気のようですが、特定の選手を応援していない私にとっては
カラーリングの格好良さが購入基準ですので、こういったマシン選択はタミヤさんに拍手を送りたいです。
D’antin PRAMAC DUCATI GP4 ’05D’antin PRAMAC DUCATI GP4 ’05
さて製作の方は・・・
まだまだレース単車2台目のアマちゃん野郎なので、何もしてません。
リアブレーキディスク放熱孔の開口とスクリーンビスの金属化、マフラー溶接跡の再現のみです。
今回はホイルにもウレタンクリアを吹き付けテロッテロのツヤアリホイルにしてあります。
そいえば、ホイルのラインデカールも初体験だったのでちょっと苦労しました。ま、そのうち慣れるでしょうw
グリップパーツがワークスチーム仕様のままだったので改造しようかとも思いましたが
資料になる写真を一枚たりとも見つけられず、ボックスアートのみを見て作る気にもなれなかったのでそのままにしてあります。
フロントのブレーキキャリパーはちゃんとNISSINパーツを追加してくれてるのになぁ・・グリップも新規パーツを用意してほしかった。
別売りのアルミ削り出しフロントフォークセットは使ってません。近所で売ってなかったからw
塗装で負けない質感を出してやんぜー!と思ったんですが、やはり無理ですね。本物の金属にはかないませんわw
途中色々と失敗し、リカバーに追われがちでしたが最後までホントに楽しかったです。
組み立てながら
「おーー、エンジンブロックがフレームの役目も果たしてるのかー すっげー」とか色々とデスモセディチの構造のお勉強にもなりました。

そいえばワタクシ、数日前の記事でYZR-M1がどうのなんて事を書いてますね。
薄め液が切れて、普段行かないちょっと遠い模型店に行ったら(近所の模型店では250mlサイズまでしかないので足りないw)
2割引セール中だったので、思わず買っちゃったワケです。
在庫へらねーなーw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/27(水) 18:09:25|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス?はい?なにちょれ

バイクを連続して作っていたからか、組み上げ途中で色を塗ってしまいたくなりました。

簡単に2色迷彩です。
3色迷彩にしようと思ってたんですが、0.2エアブラシがメンテ不足で吹き具合がよろしくなく
緊急シンナー浴が必要だったので、0.3でブバーっと2色仕上げにw

もちろんインストや資料などほぼ見ない悪いクセ全開でテキトー塗りでゴザイマスw
テキトー迷彩
下手なりにフィギュアもすすめております。
前回掲載の写真では肩のラインが左右ともえらく不自然でしたので
それを修正すべく、若干肩パットラインを強調するような造形にしてあります。
これで肩の位置とその下の腕のラインがすこし自然になったと思います。
窓枠にかける左腕も袖の位置から切断、角度を合わせて接着し
手は掌側に切り込みを入れて流し込み接着剤で溶かして指を曲げてあります。
まだちょっと不自然かもですが、このへんがワタクシの限界でございますw
顔もナイフで撫でて若干頬がこけて疲れた感じに・・・なったらいいなぁw(顔はいつも塗装するまで表情がコントロール出来なくて困るw

昆虫ピンが届いたのでGP4も仕上げが出来ます。
明日には完成させて撮影したいとおもっちょりますです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/25(月) 18:35:43|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嗚呼、届かぬ想い。

嘘です。
届かないのは針です、昆虫標本用の。

GP4のスクリーンビスに使おうと思ってるんですが、届きゃしねぇ。
てなワケで他のプラモに浮気してます。


1/35 Pkw.K2s シュビムワーゲン166型
シュビムワーゲンのタイプ166です。

こいつは小さいので(全長113㎜)ただ作るだけじゃつまらなそうなので
ちょっとストーリーを持たせてみる事にしました。
とは言え、大がかりなジオラマにするような腕は無いので単体で飾っても洒落が効く感じを狙います。

ちょいと考えて、パンクさせる事にしました。
前輪がパンクしてしまい、「なんだよーパンクかよーおい」と兵士が運転席から身を乗り出して、潰れたタイヤを覗き込んでるイメージで逝ってみましょう。

左フロントのタイヤをのこぎりでギコギコと切り、パテでそれらしく整形し
それによって4輪接地バランスが崩れるので、リアサスの角度を調整。
タイヤはスペアも含めて全て山を削って古タイヤ化。
兵士の腰部を削り込み、上着裾部も削り込み、角度を変えてポーズ変更。
腕、肩、首も同様にバッツンバッツン切り離して角度変更後プラパテ+薄め液でテキトーに皺表現。
まだまだ修正が必要な状態ですが、とりあえずこんな感じ。
何故かボディはもう基本塗装が済んでいるw
窓枠に乗せてる手あたりが不自然すぎますな。
1/35フィギュアの改造は不得意なので、見れるレベルになるかどうかは不明ですが
まあ楽しんでやりましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/23(土) 14:49:25|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

完成させたいのに。

D'antin PRAMAC DUCATI GP4 ほぼ完成してますが・・・
最後の仕上げに必要な材料がまだ手元に届いてません しくしく
そんなワケでカウル無しの写真でお茶を濁します。
色々手抜いちゃってるけどw
はやく完成させたい。

ブツが届いたらそっこーで仕上げたいと思いまふ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/20(水) 22:32:59|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

だからクリアパーツは嫌いw

スクリーン部を失敗し完成が若干遠退きましたw
このマシンは(と言うか最近のGPマシン全般に)スクリーン部にもデカールがあるわけですが
デスモセディチのスクリーンは前部が少し複雑な形状をしております。
アッパーカウルのステイにあたる部品がスクリーン前部に儲けられた四角い突起(というか裏から見れば窪み)
にハマるようになっています。
この部分は車体色と同じく赤く塗られているわけですが、この色分けがキットではデカールでの再現になってるのです。
デカール貼りが上手な方であれば綺麗に貼れるんでしょうが、凹凸のはげしい部分でもありますので、デカールを隙間無く
クリア部がすっかり隠れるように貼るのは私には至難の業でして、塗り分けで行こう!とデカールを貼ってる最中に決めたワケです。
この判断の遅さが敗因なんですがw

スクリーンにデカールを貼った後、前部の赤い部分をデザインナイフでカットし、普通ならここでクリアコートして
マスキングに耐えられるようにするんでしょうけど、私はクリアパーツへのクリア層を厚くしたくなかったので
マスキングテープを何度も手に貼り付けては剥がし、テープの粘着力を極限まで弱くしてデカールの上に直接マスキングし
赤部を塗装しました。(ボディと同じく白を先に吹いて)
塗装が終わり、恐る恐るマスキングを剥がすと、テープの端の部分だけがまだ強い粘着力を持っていたようで
デカールが裂け、テープに持って行かれてしまいますた。

タミヤ製デカールであればもうこの時点でデカールを注文しなければリカバリ不可能な失敗なのですが
このキットのデカールはカルトグラフ製です。強いです。
慎重にマスキングテープからデカールを剥がし、水溶き木工ボンドを使ってスクリーンに再度貼り付けました。
失敗、リカバリしたスクリーン部。
"RODA GOLF & BEACH RESORT"の"D"の部分から裂けた。
見てもわからないレベルになってるよね?ね?(俺必死すぎw
あとは乾燥をまってクリア吹きし、完全乾燥後にコンパウンドで磨けばばなんとかなると思います。

いやーやっぱし塗装マーキング再現のプランは作業前にキッチリ組み立てておかなきゃ駄目っすねぇw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/18(月) 19:05:36|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

失敗とかw

いつもはテキトーに塗り分けちゃうチェーン&スプロケ。
今回もテキトーっちゃテキトーなんですが、チェーンのリベットを塗り分けてみました。
凹部も塗り分ければさらに立体感が出てくるんでしょうが、ここで力尽きましたw
そのへんはYZR-M1を作る時にでもがんがる事にします。
チェーンやらスイングアームやらが付いてだんだんバイクっぽくなってきたw

それはそうと、今回エンジンブロックの一部を塗り分け忘れてますw
ラジエタパイプなんかもがっちり接着しちゃったので、もう塗れませぬ・・・
こんなとこに筆突っ込んだら絶対他んとこにも塗っちゃしw
マフラーの押し出しピン跡も処理してませんw
完成後にカウルを外す気は全く無いので問題ありませんが、こうして写真に撮っちゃうとみっともないねw

さて、明日は出勤の日で作業出来ない可能性が高いので今日のうちに進められるだけ進めるとしましょう。
引き続きがんがりま。

てか今日のマンマは蟹か・・・
はらへったー

追記:
記事を書いてから約12時間、テレビを見ながらダラダラと作業を続けて
バイクっぽくなったー。
ここまで来ました。
やっとバイクっぽくなったです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/16(土) 18:46:00|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どうでも良い戯言。

仮組みって、してます?
どの程度を仮組みって言うかにもよりますが、私はほとんどしなくなっちゃいました。
最近のキットはどれもこれも精度の良いものばかりで仮組みなんて必要無いなーと思うからです。
くわえて、発売日に買ったキットをその日のうちに組み立てるなんて事は私には縁のない事なので
情報がわんさか溢れてる現代なら自分が作ろうとするキットの素性を調べるくらい片手でちょちょいってなもんで
どこに気をつけて組むべきキットなのかなんて、すご腕モデラーの方々のブログやHPを読めば簡単にわかります。
そんなワケで私は仮組みはほとんどしません。
かなり古い設計のアオシマZ2でさえ全体仮組みはしないままでした。

そして現在、仮組みいらずのキットを作る新たな楽しみが出来ました。
部品をもぎ取られ、不要になったランナーをバキバキと切って、塗装の持ち手になりそうな部分や伸ばしランナー等に使えそうな部分以外は次々捨てていってしまうのです。
そうすると、完成までどの程度近づいているのかが視覚的にわかり、モチベーションが保てるのですw
全部品を一気に処理して、塗装も一気に終わらせてしまう人には無縁の行為ですねw
ワタクシはちまちまと「一部処理→塗装→ちょこっと組み上げ」を繰り返して模型を作る派なので、これは絶大な効果がありますw
※戦車等は一気に組み上げてから塗装しますが。
「ふー、めんどーになってきたなぁ」と思って箱を覗くと残された部品はあと僅か。
「これっぽっちだもんな、よしっ、今日やったるか!」ってな気分になりますw
製作中のGP4キットの残部品。

さあ、デスモセディチもあと僅か。
昨日ウレタンクリア吹いておいたし、このペースでいけば月曜の夜には完成出来るんじゃないかな。
がんばろー。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/16(土) 10:26:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カーボン風塗装。

最近のレースマシンはカーボン素材が多用されてます。
うっすらと編み目状の模様が見えていかにもテクノロジーの集合体、と言った印象を与え
非っ常ーにカッコイイわけですが、模型で表現するには些か面倒な素材ですね。
アフターパーツとしてカーボンデカールなんかも各社から出てますが、複雑な面へのはりつけは面倒です。
888のマフラーを塗った時は1/35シュビムワーゲンのキット付属のメッシュを使用して模様を入れましたが、これも3次曲面に対してはなかなか難しい技法です。
そこでワタクシひらめきました。
ストッキングです。ストッキングを部品に押しつけてマスク代わりにするのです。
思いついた時は「俺天才」と思っていたのですが、バイク模型の世界ではわりかしポピュラーな技法だったようですw
ググったらすぐ出て来てびっくりしますたw

そんなワケでダイソーへストッキングを買いに出掛けました。
原付にまたがった瞬間に雨が降り出して、ずぶぬれになりながらストッキングを買った自分を少し可哀想に思いますw
おかげで風邪気味。

ストッキングによるカーボン塗装初挑戦の結果は・・
カウルの中の人もある程度すすめてますよん。カーボンの表情が目立つリアフェンダーもこんな感じに。

と、こんな感じになりました。 ※フロントフォークはまだ未塗装
結構満足。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/13(水) 04:30:52|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

赤いろいろ。

やっと全カウリングのデカール貼りが終わりました。
ミラーゼッケンはまだですが。
通算で3時間くらいの作業だったと思います。
レース単車模型の製作経験が1台しかないワタクシにはとっても疲れる作業でした。
しかもそのほとんどが曲面貼りでデカールも一枚一枚がでかいw
昔懐かしの蒸しタオル技を多用して貼り付けました。
やや皺が残ってる部分もありますが、クリアコートでなんとかなるレベルに抑えたつもりなのでだいじょぶでしょう
各カウリングのデカール貼りが終わりますた。

ここからうだうだと色の話。 [赤いろいろ。]の続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/07(木) 22:32:51|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

それ見た事か

自分でもある程度予想はしていました。
こうなるんじゃないかなーと。

どうなったのよと言いますと
基本塗装とデカール対策クリア吹きが完了した状態。
こうなって

片側のデカール貼りが大体完了した状態。
こうなりますたw

288GTOは昨日と同じ状態のままでゴザイマス。

カルトグラフ製デカールは強いのでマークソフター使い放題なのは良いんですが
この時期は気温の関係でコシが強すぎの傾向があり、ソフターじゃぶじゃぶでもなかなか馴染んでくれません 泪
そりゃ国産のデカールなんかよりゃずっと高品質なんですが、強すぎるのも考え物だぁねぇ と。
そんなワケで片側だけ完了。これだけで1時間掛かってますw
キットではPRAMACロゴ下の黒ラインがデカール表現(PRAMACロゴと繋がった一枚のデカール)になってるんですが
D'ANTINロゴデカールとの二枚重ねになってしまうので、塗装で塗り分けておきました。
使用色はMr.カラーのスーパーブラック。
これ良いですね、従来のブラックが墨に見えます。こちらはピアノの様な黒に仕上がりますね。
綺麗な黒です。カタナをこの色で塗装しなかった事がものすごく悔やまれますw

デカール指示書によると、どうやらミラー調ゼッケンナンバーのデカールがクリアコート出来ないらしいので
ゼッケンナンバーだけは研ぎ出し後に貼る事になりそうです。
うーん・・ほんとに出来ないのかなぁ・・・
裏技とか無いかなぁ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/06(水) 01:44:49|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サフサフ。

サフ吹きの難しい季節になってきましたなぁ。
寒くてスプレー缶はすぐ冷えるし、ざらつきやすくなるし。

てなワケで288GTOのサフ吹きをしてます。
まだ終わってないですw

一応最初は#500溶きパテスプレーで傷のチェックと埋め。
1000番で整えて、タミヤのスーパーサフライトグレイで二度目のサフ。
寒い時期になり、着てる物の影響でゴミが付きやすい。てか付きまくる。
乾燥したら1500のペーパーを掛けてゴミ取りと表面処理。←今ここ

てな感じで冬は難しいですねぇ。
二度目のサフ吹きが終わったボディ。
この後、3度目のサフ吹きと表面処理が終わったら、白サフを吹いて赤を乗せる予定でゴザイマス

そして何故かコレも進めてたりして・・w
ダンティーンプラマックチームのドゥカティデスモセディチです。
こないだ自分では初のレース単車、888を仕上げたばかりですが、ハマりそうですw
市販車とは全然違う存在感が良いですねぇ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/04(月) 21:22:37|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

288GTOに挑戦。

本来あり得ないはずのデカールでの失敗によって356のモチベは急落・・・
やっぱり車とは相性が良くないのかもしれない。

と弱気になってしまったワタクシですが、諦めたワケではありません。
パーツを箱に戻し、作りかけだったシャシーとボディはティッシュの空き箱に入れて
押し入れの中にしまい込みましたが決して諦めたワケでは御座いませんw

そんなワケでですね、ちょいとやる気を失ってしまったものを続けていても良いものが出来るワケがありません。
やる気があっても良いもの出来てねーじゃんとか言った人は誰デスカ?廊下に立ってなさい。
ダンティーンプラマックのデスモセディチGP4でも始めようかと思いましたが
ここんところバイクが3連続だったし、あまりバイクばかりでもねぇ。
なにより、356を諦めてまたバイクを作り始めれば、何かに負けたような気がしそうです。

車で失ったモチベは車で取り返そうぜ!という事でフェラーリ288GTOの箱を開けたのが一昨日の事でした。
テレビやDVDを見ながらのんびりとボディにペーパーを当てて、整形と筋彫りが大体終わったとこです。

全体のペーパー掛けが終わったボディ。
写真はペーパー掛けの跡があまり目立ちませんが、ペーパー後に全体を粗めのコンパウンドで磨いたためです。

356の時はパーティングラインに沿って、まるで整形時の削りしろだと言わんばかりの変な盛り上がり箇所が随所にあって苦労しましたが
今回はだいじょぶでした。
と言っても全く無かったわけじゃなく、フロントの右フェンダーだけはこんもりと盛り上がってました。
なんでこうなるんだろね?不思議。

ところでこのキット、今日発見したんですが、クリアパーツにウエルドライン※が入ってます。
最悪ですw 一気にやる気がなくなってしまいそうですw
ウエルドラインが酷いリアウインドウ。これまたウエルドラインが酷いサイドウインドウ

クリアパーツに入ったウエルドラインは修正不可能です。
パーツを取り寄せるか、自作するかしかありません。
まぁ、私の場合は見なかった事にして作業を進めるという選択肢を取る可能性が高いワケですがw


※ウエルドライン
プラパーツの成型時に金型内で樹脂同士がぶつかったり、固まり掛けの樹脂が流れたりした時に出来るライン。
通常のパーツであれば塗装を施す事で隠す事が出来るが、クリアパーツの場合致命的。
いくらペーパーを掛けて磨き倒しても絶対に消えない。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/01(金) 17:50:00|
  2. 銃以外の模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

人造人間 卍ダー

Author:人造人間 卍ダー
数年周期で銃ヲタになる私。
2MCでのHNは「塩ごはん」
愛馬はスズキGSX400S刀。

――※おことわり※――
ここに記載する調整は素人が自己責任で行っているものです。モデルガンの個体差により、私の行った調整が貴方の所持するモデルガンにそのまま通用出来るとは限りません。ここの情報を鵜呑みにして怪我する事の無いようご注意くださいまし。

造モ+模型完成品

ルパン銃
ピーメみたいなSBH
SBHFDC暫定版
コマンダー(三代目バレル死亡中)
パイソンハンター
短ル暫定版
オラガバVer.1

1/72 F-16CJタイガーミート
Ma.K. 1/20 Heinrich
HGエルガイム改・俺ガイム
S.F.3.D 1/20 Fireball
1/35 タイガーI初期生産型
1/35 4号戦車H初期型
1/35 3号突撃砲B型
1/12 カタナカスタム
1/12 750RS カスタム
1/12 DUCATI 888 superbike 1/12 PRAMAC D'antin GP4 '05
1/250 ザクレロ Ver.卍
1/12 750RS カスタム 再塗装

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。