造モ日記

東京マルイの造るモデルガンシリーズの製作記ブログだったんだけど、もはやバイク、造モ、プラモ、猫となんでもありのただの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつまで引っ張るのよ。

17インチ化した事だけでいつまで引っ張るのよ
とウンザリ気味の声が聞こえてくるようですが、自己満足なので生温かい目で見守ってください。

格好良くなって嬉しい
乗りやすくなって更に嬉しいので写真いっぱい撮ってきましたw

まず、石跳ねでヒドイ状態だったフロントフォーク。
ハゲハゲ。
この状態が
ボロボロだったアウターチューブもピッカピカ
ピッカピカのツヤッツヤ。

そういえば
フロントががっしりとした感じです。
こっち側からの写真ってあまり載せてませんでしたね。
ハゲハゲのフロントフォーク(こちら側の方が酷かった)を隠したい気持ちもなきにしもあらずでしたが
なにより、ぶっといラジエタホースが美しくないなーと思っているからデス。
あまり意識してないつもりですが、やはり空冷カタナへのコンプレックスなんでしょうかね?
でも400Sも充分魅力的なオートバイ、これは確かです。

こっち側のがやっぱカッコイイなぁ。
やっぱしサイレンサーもバッチリ見えて、こっち側からの方が格好良く感じます。

これも微妙に好きなアングルです。
これもなかなか好きなアングルです。
白いメーターパネルが確認出来るのがちょっと嬉しい。
しかしリアタイヤはワンサイズくらい太くなっても全然違いがわかりませんねw

フロントフォークが綺麗になって、今度はマフラーの汚い焼けが気になりだしました。
綺麗に磨いてバーナーで焼き色入れようかなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/18(木) 20:59:20|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな感じ。

さてさて前後のホイールを交換し、フロントフォークを黒く塗装した卍号は

前後17インチになった卍号。
こんな感じでゴザイマス。

やばいっす。かっこいいっす。
足下黒くて引き締まってマス。
これまでよりずっと倒しやすい車体になりました。
でもビビリなのであまり倒しませんw

フロント周り。
黒ホイールのリムストライプは赤が似合うと思うんですが
卍号のアクセントカラーは青と密かに決めているのでミラーテープの青です。
天気の良い日はきらきら光ってかっちょいい。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/16(火) 12:05:23|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F-17

戦闘機みたいなタイトルですが、ご存じの通り、そんな戦闘機はありません。

やりました、フロント17インチ化。
フロントのディスクローターを止めてるボルトが外れないというトラブルですげー時間かかりました。
結局作業完了時にはもう真っ暗になっていたので全体像は明日にでも。

まずはリアから作業開始。
アクスルシャフト、トルクロッド、サポートとキャリパーを繋いでるボルト、チェーンアジャスターを緩めて
ジャッキアップし、タイヤを前に押し出して緩んだチェーンを外します。
チェーンが外れたらアクスルシャフトを引っこ抜いてホイールを抜きます。
リアタイヤを抜かれた卍号
バイクのホイール交換なんか初めてなのでサービスマニュアルを見ながら慎重に進めます。

外したリアホイール
すげー汚れてますね。
カッコイイけど洗いにくい星形ホイールともこれでお別れです。

用意した新ホイールはインパルスやバンディットに使われている三本スポークタイプで
400カタナのハブや内部のゴム製のダンパーが丸ごと使えますのでそのまま移植。
あとは外した時と逆の要領で戻して、チェーンの張りを調整して出来上がり。

今度はフロントです。
今回はこの
ハゲハゲ。
鬼のように石跳ね被害に冒されているフロントフォークの塗装も行います。

リアと違い、フロントはチェーンが無い分楽なのですがブレーキキャリパーが二つなのでやっぱり面倒です。
キャリパーを外して、アクスルシャフト締め付けボルトとアクスルシャフトを緩めてジャッキアップ。
ちょこっと浮いてるくらいのところでアクスルシャフトを引っこ抜いてホイールをころころと外します。
フロントタイヤを抜かれた卍号
あとはフェンダーを外して、アウターチューブをペーパーで研いでからサフ吹きして着色。
写真はありませんが、黒にしました。
跳ね石でどうせまた傷が入り、いつまでもツヤツヤとはいかない場所なので
黒塗料がちょっと硬化を始めたあたりでクリアも吹き付けちゃいます。
使ってる塗料の硬化タイミングを知っておかないと縮みが発生しやすい塗り方なので真似しないようにしましょうw

で旧ホイールからブレーキディスクローターを外そうとして驚愕。
右側はなんとか取れましたが、左側がまーったく駄目です。ボルトが回ってくれません。
舐めそうだったので、急遽社長がボルトに六角レンチを溶接して回すという荒技で手伝ってくれましたが
それでも駄目。
浸透潤滑スプレーも全く役に立たない状態だったのでサンダーでボルトの頭を削り飛ばすという
最後の手段を使ってしまいました。

代用のボルトをホームセンターに買いに行ったりしてる間にあたりは真っ暗。
投光器を貸してもらい、ライトを当てながらの作業となりました。
当然メーターギアもインパルス用(フロント17インチ用)に換えました。
でも暗くて、アクスルシャフトを閉めてからメーターギアの角度間違いに気付いたりw

全ての作業が終わったのは午後6時半。
午前10時頃から作業してたってのに時間かかりすぎw

帰り道にフロント17インチの走り心地をちょびっとだけ味わいましたが、なかなか良い感じです。
ただ、ホイールを交換してローターとパッドの当たる位置関係がずれて馴染んでないのか
はたまた油で汚れた手でローターを触ってしまい、ローターが滑るのか
なんだか前後ともブレーキの効きが悪くなりました。

まぁこれはしばらく飛ばさずに様子を見て馴染まないようだったらバイク屋さんかな。

明日明るい所で写真撮ります。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/15(月) 20:04:25|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルミに憧れる。

アルミのスイングアームに憧れます。
卍号のスイングアームは純正の鉄製です。
当然錆びます。というかピボット付近なんかすでに錆びてます。
某掲示板の水冷カタナスレでは400Sにインパルスのスイングアームを移植するノウハウが
テンプレ化されるほどメジャーなカスタムとして挙げられています。

参考写真:インパルスのスイングアーム
参考写真:インパルスのスイングアーム

インパルスのスイングアームはアルミ製でなかなか格好良さそう、と思い色々と調べてみると
リアショックの取り付け部がカタナよりちょっと前にあるのでサスが立ってしまうようです。
そのため純正サスやそれに準じた長さの社外サスでは
「不自然なほどケツが上がってしまう」
という体験談がありました。

迷いますねぇ。
卍号のサスはヤマリンズ(自由長325mm)+30mmケツアゲアダプタでノーマル同等の自由長を得ている状態なので
ケツアゲアダプタを外してしまえばきっとピッタリくらいの車高になるとは思うんですが…
サス角度が立っちゃうのが気に入らない。
空冷カタナを思い切りレイダウンさせたようなリアサスの角度は水冷カタナの大きな魅力だと思うんですよ。
しかしカタナはそこかしこ錆びる事で有名ですから
アルミスイングアームに換装すればやたら錆に悩まされる部分が一つ減るワケで…

思い切ってカワサキZRXあたりのスイングアームを移植しちゃうって手もありかなぁ
トラス組みでカッコイイし。

参考写真:ZRX400のスイングアーム
参考写真:ZRXのスイングアーム

でもまースイングアームに手を付けるのは来シーズンかな。
来年春まで存分に悩む事にいたしましょうw

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/14(日) 02:11:47|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リムストライプ。

注文していたミラーブルーのリムストライプステッカーが届いたので
早速例の板金屋さんに持ち込んで貼って来ました。
※タイヤを組み込むまではホイール預けっぱにしてるのです。

ステッカー貼りの基本通り、貼り付け面を綺麗に洗って、若干の洗剤を混ぜた水で濡らし
その上にステッカーを乗せ、慎重に位置合わせ。
位置が決まったら綺麗なウエスでステッカーの下の気泡や液体を押しだしつつ貼り付け固定。
片側につき4本貼り合わせタイプなので両面×前後=16本を同じように慎重に貼っていきます。

完成。
ミラーブルーのリムストライプ。
早くタイヤ入れて車体に組み付けたい。

今回、タイヤは予算が乏しいのでヤフオク購入の新古品。
前:GT501Fの110/70-17
後:TT900GTの150/70-17
せっかくフロントを17インチ化するのに、純正の18インチにもサイズのあるGT501になっちゃったのは
全てお財布事情のせいです。
前後で6000円でしたが、届いた品は価格を遙かに超える品質でした。
数年保管していたと言うブツなので、ド新品と比べて見れば表面の劣化は否めない所でしょうが
私如きへなちょこが履くには充分すぎるタイヤです。

とは言え、次のタイヤ交換時期には前後ともTT900GTに換えたいなw

タイヤの匂いをチェックする未由助さん

ホイール交換いつにしよかなぁ…
星形ホイールにちょっと未練あるから、もうちょっと星形ホイールで乗りたい気もするw

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/11(木) 14:09:39|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒く塗れ

数日前、ホイールの塗装について板金屋さんに相談しに行きました。
実はもう数週間前にヤフオクにて前後ホイールを入手したのですが
フロントが青メタ自家塗装、リアがガンメタ自家塗装されたモノでして
私としてはまっ黒に青のリムストライプを入れたホイールにしたいワケです。

写真暗いね。
写真暗くて色わかんないねw
とりあえず塗装前の写真です。

まぁ、塗装の手順なんかは別にホイールだから変わるかって言われれば変わらないんでしょうが
石はね等で剥げやすい部分なので足付けを何番のペーパーですればいいか、等を聞いてきました。
本当は粉体塗装で有名なカドワキコーティングあたりに依頼すればバッチリなんでしょうけどね…
いかんせん予算がねw

そして昨日。
お仕事が一段落して暇だったらしく、板金屋さんから電話。
「ホイールもってこいよ。道具貸すから今日やってしまえ」
という事で、昨日前後ホイール(17インチ3本スポークのインパルスやバンディットについてるタイプ)を板金屋さんに運び
足付けと塗装をしてまいりました。

んで、クリア塗装するために今日も板金屋さんんへ。
午前中にブシャーーーっとクリア塗装を終わらせて、社長と一緒にお蕎麦を食べに行きました。

塗装済みホイール
写真はまだクリア塗装前ですが。

復活したGPXに跨る社長の後ろをついて行ったんですが
よほど愛車(6年もほっといたけどねw)の復活が嬉しかったのか、通らなくても良い峠道を経由w
別に飛ばすわけでもなくのんびりとコーナーを楽しみつつ走り、下に広がる街がたまに見えるたびに
なんとも言えない気持ちよさでした。

蕎麦を食べて工場に戻る頃には太陽の熱で焼き付けが完了してました。
そう言えば、まだタイヤ買ってませんw

あ、それとペンギンカラー塗装の際に剥がしたまんまだったサイドカバーの刀シールつけました。
純正ではなくRIO-PRODUCT製の黒一色のヤツにしてみました。1枚500円也。

刀エンブレム装着でちょいと引き締まった感じ。
なかなかに格好良い。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/06(土) 16:28:05|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと交換。

購入時からずーっと気になっていたクラッチレバー。
コケ跡が生々しくもがっつりと入ってましたが、この度やっと交換しました。

純正レバーを取り寄せてもよかったんですが、せっかくなのでいかにも「交換しました」という感じのメッキレバーをチョイス。
まぁ、ヤフオクで送料込み激安即決価格のブレーキクラッチレバーセットを見付けたからってのが大きな理由なんですがねw

いずれブレーキはラジアルマスターに換えたいと思っていまして
さらにその時はマスター本体が金アルマイト、レバー部はメッキの派手派手カラーにしたいなーというもくろみもあるので
この機会にクラッチレバーをメッキに換えておいた方が後々(いつになるかわからないけどw)都合が良さそうなので
メッキレバーで良いのです。

交換はいたって簡単。
六角レンチと普通のレンチでレバーを止めているボルトを外して交換するだけ。
クラッチ側はワイヤーの脱着作業もありますが、10分もあれば両側とも完了します。

んでこんな感じになりました。
メッキブレーキレバー仕様。メッキクラッチレバー仕様。
うーん、新品は良いねー。
安物だけど。

早速かるーく試運転。
クラッチ側はワイヤーの調節もせずにそのままなのでクラッチミートの感覚はこれまでと全く同じ。
ブレーキレバーはほんのちょっとだけ短めでブレーキフィールが変わってしまうんではないかと心配でしたが
全く違いが解りません。私が鈍感なだけでしょうかね。
ともあれ、使いづらくなる事もなかったので一安心です。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/09/03(水) 13:28:36|
  2. カタナ(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

人造人間 卍ダー

Author:人造人間 卍ダー
数年周期で銃ヲタになる私。
2MCでのHNは「塩ごはん」
愛馬はスズキGSX400S刀。

――※おことわり※――
ここに記載する調整は素人が自己責任で行っているものです。モデルガンの個体差により、私の行った調整が貴方の所持するモデルガンにそのまま通用出来るとは限りません。ここの情報を鵜呑みにして怪我する事の無いようご注意くださいまし。

造モ+模型完成品

ルパン銃
ピーメみたいなSBH
SBHFDC暫定版
コマンダー(三代目バレル死亡中)
パイソンハンター
短ル暫定版
オラガバVer.1

1/72 F-16CJタイガーミート
Ma.K. 1/20 Heinrich
HGエルガイム改・俺ガイム
S.F.3.D 1/20 Fireball
1/35 タイガーI初期生産型
1/35 4号戦車H初期型
1/35 3号突撃砲B型
1/12 カタナカスタム
1/12 750RS カスタム
1/12 DUCATI 888 superbike 1/12 PRAMAC D'antin GP4 '05
1/250 ザクレロ Ver.卍
1/12 750RS カスタム 再塗装

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。