造モ日記

東京マルイの造るモデルガンシリーズの製作記ブログだったんだけど、もはやバイク、造モ、プラモ、猫となんでもありのただの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化粧直し。

しかしどうせ分解するならと、完全分解しメタルブルーコートで塗装を開始。
この塗料、プラ用ラッカー塗料並に乾きが早くて作業がすごい楽。でも高い。定価3500円。
本体より500円も高いw
でもまぁ、P.38だけで使い切るワケじゃなく、この後に控えているブラックホークにも使用するので
そんなに高額という気はしないが・・・。
各パーツに軽ーく吹き付けては1分ほど乾燥、また軽ーく吹き付ける、を7回ほど繰り返し
完全乾燥まで待つ。

使用方法にあるとおり24時間待って、磨きこみ開始。
半光沢で妙なラメラメだった表面はつるつるのピカピカになっていく。
表面がなだらかになる事で光沢が増すのでラメラメがそんなに気にならなくなる。
なるほど、キャロムのカスタムガンの写真なんかは実際こういう感じなんだな、と想像出来る感じに仕上がる。
好き嫌いがはっきり分かれる仕上がりだと思うが、俺的には満足。
気になる点は、青すぎること。これは後でプラカラーのスモークでも重ね吹きすれば黒っぽい表面に
光が当たった時に青く反射する、という理想の表面が得られそうだ。
塗装後、磨き上げたルパン銃。青みが強い。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/15(木) 22:09:00|
  2. 造るモデルガン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<試行錯誤は続く。 | ホーム | 初発火。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://datura1911.blog24.fc2.com/tb.php/7-22f80850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

人造人間 卍ダー

Author:人造人間 卍ダー
数年周期で銃ヲタになる私。
2MCでのHNは「塩ごはん」
愛馬はスズキGSX400S刀。

――※おことわり※――
ここに記載する調整は素人が自己責任で行っているものです。モデルガンの個体差により、私の行った調整が貴方の所持するモデルガンにそのまま通用出来るとは限りません。ここの情報を鵜呑みにして怪我する事の無いようご注意くださいまし。

造モ+模型完成品

ルパン銃
ピーメみたいなSBH
SBHFDC暫定版
コマンダー(三代目バレル死亡中)
パイソンハンター
短ル暫定版
オラガバVer.1

1/72 F-16CJタイガーミート
Ma.K. 1/20 Heinrich
HGエルガイム改・俺ガイム
S.F.3.D 1/20 Fireball
1/35 タイガーI初期生産型
1/35 4号戦車H初期型
1/35 3号突撃砲B型
1/12 カタナカスタム
1/12 750RS カスタム
1/12 DUCATI 888 superbike 1/12 PRAMAC D'antin GP4 '05
1/250 ザクレロ Ver.卍
1/12 750RS カスタム 再塗装

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。